日本食文化会議のオンライン会員交流会

2021年10月4日

日本食文化会議(上杉孝久理事長)のオンライン会員交流会に参加しました。
https://jfcf.or.jp/ 

私はこの会の運営副委員長を務めています。

日本食文化を百年先の“日本”へ。文字のチカラで文化を伝える。 

食の著者である多彩な会員の皆様と今後の活動について、前向きな交流会となりました。

日本酒の日を「よし邑」で

2021年10月1日

「10月1日、日本酒の日」の夜は、和食業界のご重鎮、「現代の名工」や「黄綬褒章」受章されている 冨澤浩一総料理長の「よし邑」へ。

 外務省在職中からずっと日本酒の国際化を応援してくださっている百瀬純子さんと伺いました。 

 素晴らしいお料理に、あらためて日本酒を支える日本の食文化の魅力を勉強させていただきました。 

日本の食文化にあらためて誇りを持てた夜でした。

月刊グローバル経営で連載開始!

2021年10月1日

日本在外企業協会(日外協)は1974 年7月、「本邦企業の海外事業活動の円滑化に資すること」を目的に、進出先国・地域との共存共栄をうたった海外投資行動指針の普及団体として設立され、日本企業の海外事業活動の発展への貢献と、変化するビジネス環境への対応、問題解決への支援をミッションとしています。
https://joea.or.jp/summary/compliments

 この協会の月刊誌「月刊グローバル経営」に、隔月で5回の連載をいたします。
 海外進出している多くの大企業が会員となっている、この協会の月刊誌に日本酒について書かせていただける素晴らしい機会をいただいたと感謝しております。
 海外のビジネスの世界で日本を背負う方々に海外のまだまだ小さい日本酒のマーケットを応援していただけるような連載を目指します

 また、第1回目が、10月1日が日本酒の日である10月となったのが嬉しいです。

令和3年(2021年)酒サムライ発表♪

2021年9月28日

『日本酒を愛し、日本酒文化を世界に広める「酒サムライ」叙任者決定!!』
全国の若手蔵元で組織する日本酒造青年協議会(会長:前垣 壽宏)は、日本酒および日本文化を愛し、その素晴らしさを世界に広めるために尽力されている方々に敬意を表し、「酒サムライ」の称号叙任者を決定いたしました。
近年は、日本酒のみならず我が国の伝統的な食文化や生活文化は、様々な社会的な環境変化により、次第に日本人の生活の中心から外れてきています。一方では、海外での和食や日本酒の普及には目を見張るものがあり、その評価は年々高まりつつあります。このような中で、「酒サムライ」は平成17年(2005年)に日本酒造青年協議会が日本から日本人の“誇り”が失なわれつつあるとの危惧から、日本酒の誇りを取り戻し、日本酒文化を日本国内のみならず、広く世界に伝えていくために、日本酒を愛し育てるという志を同じくするものの集いとして結成したものです。 
 現在までに90人の方々を「酒サムライ」に叙任しており、本年は、外国の方を含む3人の方々を「酒サムライ」として叙任することとし、令和3年(2021年)9月28日の11:00より動画配信(YOUTUBE)にて叙任者を公表しました。

地域活性化センターのフェローに就任。

2021年9月25日

地域活性化センターのフェローに就任しました。

47都道府県、20政令指定都市、23特別区、767市、922町村、全国知事会、全国都道府県議会議長会、全国市長会、全国市議会議長会、全国町村会、全国町村議会議長会、95市町村会を会員に持ち、地方の人材育成、地方創生に貢献する組織です。https://www.jcrd.jp/

「Sakeから観光立国」を目指して、國酒振興からの地域活性をお手伝いさせていただきます