日本酒メディア「SAKETIMES」の10周年パーティ

2024年6月21日
世界へ日本酒を発信する「SAKETIMES」
の10周年パーティに出席しました。
SAKETIMES を運営するClearの生駒龍史代表とSAKETIMESの小池潤編集長 による講演
「テーマ:SAKETIMESの歴史とともに振り返る日本酒産業の10年間」
 その後、日本酒メディア関係者によるトークセッション
「テーマ:日本酒産業におけるメディアの存在意義」
そして、懇親会と続きました。
 光栄にも、懇親会の乾杯のご挨拶のお役をいただきました。
 生駒さんに、初めてお会いした10年以上前、
日本酒への情熱をキラキラした瞳で語られた時と変わらぬ瞳を
最近ご一緒した際に感じたとお話ししました。
 現在、SAKETIMES の記事には、160ケ国からアクセスがあるとの事✨✨✨
 益々のご活躍を期待しております🌈

日本酒造青年協議会 令和6年度 第1回幹事会@熊本

2024年6月20日
酒サムライ事業やIWCのSake部門のパートナーである若手の蔵元の全国組織、
日本酒造青年協議会(北原 対馬会長)
の令和6年度 第1回幹事会に参加しました。
私は2006年からこの協議会のアドバイザーを務めています。
今回の開催地は、熊本です。
08:45 熊本市内出発
10:30 阿蘇・山村酒造(れいざん)見学
熊本県阿蘇郡高森町高森 1645
11:30 昼食
店名:高森田楽保存会 ※高森田楽など郷土料理
12:30 阿蘇出発
13:10 TSMC(菊陽町)視察※車で通過しつつ外観を見学
14:30 熊本県酒造研究所(香露) 見学
15:30 第 1 回幹事会
15:30~16:20 TSMC 吉本孝寿菊陽町長を囲んで懇談会
16:20~18:30 幹事会
18:30 ホテルへ移動
19:15 懇親会
店名:青柳 ※郷土料理の名店です
熊本県の幹事の山村酒造の山村 弥太郎さんと大分県の幹事の八鹿酒造の麻生益寛さんのコーディネートで、
学びの多い、素晴らしく充実した幹事会となりました。
 有難うございました🙏

令和6年度 日本酒造青年協議会 第1回幹事会 有志による前夜祭

2024年6月19日
酒サムライ事業やIWCのSake部門のパートナーである若手の蔵元の全国組織、
日本酒造青年協議会(北原対馬会長)
の令和6年度 第1回幹事会を明日に控え、その前日の有志による前夜祭に参加しました。
熊本県の幹事の山村酒造の山村弥太郎さんのコーディネートで、熊本の夜を満喫出来ました。
1次会は、馬肉の銘店「むつ五郎」、2次会は、スザンヌさんの妹さんが経営する人気立ち飲み店、
  
3次会は、ステキなクラブ💓、弥太郎さん、有難うございました🙏
 私は、2006年佐浦弘一会長の時から、この若手の会のアドバイザーを務めています。
あっという間の18年、歴代の会長、副会長、幹事の皆様には大変お世話になりました。

自慢の友人、楠田浩之さんを囲む会

2024年6月18日
ニュージーランド🇳🇿で、世界トップクラスのワイン🍷を造っている自慢の友人、楠田浩之さんを囲む会💕💕💕
KUSUDA WINES – Martinborough, New Zealand
 
 生産量は増やさないとのことで、全部で10,000本。
世界一のワインジャーナリスト、ジャンシス・ロビンソンMWがファンと公言する浩之さん✨✨✨
 リリース前の楠田さんのピノ・ノワール2022やマグナムのリースリング、300本しかないトロッケンベーレンアウスレーゼ✨✨✨✨✨
 参加者皆さんの持ち寄ったワイン🍷🥂も素晴らしく、
私は浩之さんやワイン専門家の皆様に飲んでいただきたいスパークリングサケをお持ちしました。
 
レストラン(シノワ渋谷店)のお料理も最高でした♪

「実業団日本酒部連盟」の第二回総会

2024年6月15日
損保ジャパン 本社ビルの2階ラウンジで、
昨年設立された「実業団日本酒部連盟」の第二回総会が行われ出席させていただきました。
 私は、この連盟の顧問のお役をいただいています。
 幕田秀俊連盟代表より、創設時は10社、人数で500人くらいでしたが、
一年で22社1,000人を超え、いまは毎月加盟企業が増えて、上場企業からスタートアップ企業まで様々な業種の日本酒を愛し、
これからの日本酒業界だけでなく、日本文化から農業林業流通業飲食業などなど、
日本酒に関わる諸問題に関心のある方々が集まってくださっていると伺いました。
総会の記念講演は、株式会社せんきん 第11代目蔵元 薄井一樹社長より日本酒業界の課題、
農業を取り巻く問題、地域のオーガニックタウン構想や有機農業のNFTなどについてもお話しいただきました。
講演会の後は、今シーズンで生産が終了する仙禽を呑み比べしながらの
各団体の活動報告や日本酒業界でご活躍の皆様との交流会でした。
日本酒の未来に向けて、実業団日本酒連盟は大変心強い存在となると確信を強くした日となりました。

令和6年度 第1回 赴任前研修日本酒講座

2024年6月14日
本日、令和6年(2024年)6月14日、外務省本省で、令和6年度 第1回 赴任前研修日本酒講座🍶🍶🍶が行われました。
平成23年(2011年)1月24日に自主講座という形でスタートしたこの日本酒講座は、
令和元年(2019年)から座学部分が必修となりました。
毎回、試飲を含む自主講座部分を全国の蔵元さん方に交代で講師をお願いしています。
 今回も、自主講座前には、必修部分をオンラインの録画で、
私の日本酒の国際化活動やインバウンドの地方誘客の可能性、
国税庁の担当者から日本酒🍶についての全般的な話などを聞いていただいています。
 今回の蔵元講師は、栃木県大田原市の「大那」醸造元の菊の里酒造の阿久津信社長です。
  
 利き酒に合わせて、ご用意したおつまみは、海外でも入手しやすいチーズ、生ハム、マーマレード等でした。
 また、この自主講座のお手伝いに、昨年から発足した実業団日本酒部連盟の幹部メンバーの方、
地域活性化センターに出向中の栃木県庁の方が加わってくださり、大変心強かったです。
 歴代の在外公館課の皆様や、研修所の皆様に支えられて、日本酒講座は、ずっと、続けてこられました。
 外務省の皆様に、ただただ感謝の気持ちです❤️

野村不動産 IWCの新たなアワードのスポンサーに♪

2024年6月14日
今年、野村不動産 がスポンサーしてくださり、IWCのSAKE部門に新しいアワードが誕生しました。
「Sake prefecture of the year🏆
松尾大作社長にご挨拶に新宿の野村ビルに伺いました。神保憲之常務にもお会いできました。
上位受賞酒の多い県を表彰するもので、世界に優れた酒蔵の多い県を発信していきます。
 ワインに比べると、とかく銘柄だけが発信されている日本酒🍶ですが、
今年からはIWCを通じて酒処を世界に広く紹介していけます。
 感謝と期待で胸が高まります✨✨

一般社団法人和食文化国民会議 第10期定時社員総会と懇親会

2024年6月13日
一般社団法人和食文化国民会議(略称:和食会議)は、「和食;日本人の伝統的な食文化-正月を例として-」
のユネスコ無形文化遺産登録申請を契機に、和食文化を次世代へ継承するため、平成27年12月4日に設立され、
その価値を国民全体で共有する活動を展開しています。
私は、この団体の発信を担う連絡会議
(服部幸應議長)
の役員を務めていますが、
今日 6月13日、第10期定時社員総会と懇親会に出席しました。
  
懇親会では、村田吉弘副会長のご発声で、スパークリングサケの澪で乾杯でした。
食でご活躍の官民の皆様にお会いできて嬉しい時間になりました。

「いづみ橋」訪問

2024年6月12日
アドバイザーを務める阪急百貨店のロイヤルカスタマー戦略、コンテンツ開発の担当者と
首都圏に最も近くで、米🌾作りからの酒造りに取り組む、神奈川県海老名市の「いづみ橋」醸造元の泉橋酒造さんを訪問しました。
6代目の橋場友一社長とはもう20年以上のお付き合いになりました。
 
 良いお天気で、青空と蔵を取り巻く田圃がとても綺麗でした。
 蔵を丁寧にご案内いただいた後に、

翌日から米国🇺🇸出張の橋場社長、次代を担う春菜さんともご一緒に、

泉橋酒造が運営する駅前のレストラン「サケとアテ」でゆっくりお話しも伺えました。
 有難うございました🙏
1 2 3 220