国税庁 令和2年度「日本産酒類のブランド化推進事業」石川県を訪問

2020年11月27日

国税庁 令和2年度「日本産酒類のブランド化推進事業」で、石川県を訪問しました。私はこの事業の企画、コーディネートをしています。
 本事業の内容は、地質に対応した日本酒仕込み水の水質分析体系化によるテロワール・ブランディングです。
 事業目的は、• 地質に基づいた地下水の質の多様性を調査により体系化し、仕込み水の地球科学的な意味合いを蔵元及び国内外の日本酒ビジネス関係者にわかりやすく提供する。
• 仕込み水と地質との関連を可視化することにより、過去にない科学的なテロワール視点で 世界のワイン市場における日本酒のブランディング・高付加価値化に寄与するというものです。
 全国10地域から仕込み水を400サンプルほど集めますが、その10地域も訪問し、各地域で蔵も2〜3ケ所訪問し、その地域の仕込み水の水源や地質についてヒアリングさせていただいています。
 今回の訪問メンバーは、地質の権威、元筑波大学教授の久田健一郎先生と地質のスペシャリスト唐田幸彦氏、この事業の受託会社の高橋睦樹社長と鈴木更紗さんと私です。

 最初に、白山市の「天狗舞」醸造元の車多酒造さんを訪問。https://www.tengumai.co.jp/
車多一成社長にお話しを伺いました。

その後、金沢市の「加賀鳶」醸造元の福光屋さんを訪問し、https://www.fukumitsuya.co.jp/
生産本部長 兼 発酵研究所長 松井圭三常務取締役からお話しを伺いました。 

天狗舞さんの蔵のあるところが世界的にも特徴的な扇状地の真ん中であり、

福光屋さんの仕込み水である百年水が、井戸を作った際に採掘された土壌のサンプルから世界的にも非常に興味深い結果が出るかもしれないと、調査チームの方々が語るコメントにワクワクしました

 皆様、有難うございました

国税庁 令和2年度「日本産酒類のブランド化推進事業」で、福井県訪問。

2020年11月26日

国税庁 令和2年度「日本産酒類のブランド化推進事業」で、福井県を訪問しました。


私はこの事業の企画、コーディネートをしています。


本事業の内容は、地質に対応した日本酒仕込み水の水質分析体系化によるテロワール・ブランディングです。 事業目的は、• 地質に基づいた地下水の質の多様性を調査により体系化し、仕込み水の地球科学的な意味合いを蔵元及び国内外の日本酒ビジネス関係者にわかりやすく提供する。• 仕込み水と地質との関連を可視化することにより、過去にない科学的なテロワール視点で 世界のワイン市場における日本酒のブランディング・高付加価値化に寄与するというものです。
全国10地域から仕込み水を400サンプルほど集めますが、その10地域も訪問し、各地域で蔵も2〜3ケ所訪問し、その地域の仕込み水の水源や地質についてヒアリングさせていただいています。
今回の訪問メンバーは、地質の権威、元筑波大学教授の久田健一郎先生と地質のスペシャリスト唐田幸彦氏、水質のスペシャリストの藪崎志穂さん、この事業の受託会社の高橋睦樹社長と鈴木更紗さんと私です。

最初に、鯖江市の「梵」醸造元の加藤吉平商店さんを訪問。
http://www.born.co.jp/
加藤団秀社長にお話しを伺いました。


その後、吉田郡永平寺町の黒龍さんを訪問し、http://www.kokuryu.co.jp/
水野直人社長からお話しを伺いました。


その後、三方郡美浜町の「早瀬浦」醸造元の三宅彦右衛門酒造さんを訪問し、三宅範彦社長から地域の様々なお話しをお伺いしました

 皆様、有難うございました

東海地区信用金庫協会

2020年11月18日

東海地区信用金庫協会主催の  「第1回経営戦略セミナー」で講演させていただきました。  

会場は名古屋駅から近い老舗ホテルのキャッスルプラザで、玄関ホールのクリスマスツリーが華やかに迎えてくれました。


地域の産業を支える信用金庫の理事長方に日本酒の国際化からの地域活性化のお話しが出来ました。

 素晴らしい機会に感謝申し上げます✨

トラベルジャーナル

2020年11月16日

本日11月16日発売の『週刊トラベルジャーナル』の私の連載コラム「平出淑恵のSAKEで乾杯」で、長野県小布施町の「北信流」醸造元の松葉屋本店さんをご紹介しています

 酒サムライ事業を運営する若手の蔵元の全国組織「日本酒造青年協議会」のアドバイザーになった頃の幹事が、こちらの市川博之社長で、色々とおしえていただきました。

先日の国税庁事業で久しぶりにお会いできてとても嬉しかったです

松葉屋本店 HP http://matsubaya-honten.co.jp/
週刊トラベルジャーナルHPhttps://www.tjnet.co.jp/

秋田県貿易促進協会主催 WSET SAKE Level1 講座

2020年11月11日

秋田県の日本酒の米国プロモーション事業の一環で、グローバル人材育成のために秋田県貿易促進協会主催のWSET SAKE Level 1講座が秋田駅前の秋田ビューホテルを会場に行われました。以下は、この講座のご案内のサイトです

http://www.a-trade.or.jp/category/2020247.html

 参加者は12名(酒蔵関係者10 名、自治体関係者2名)

2014年に世界最大のワイン教育機関であるWSET にSAKE 講座が誕生してから、72ケ国に展開するWSET のうち21ケ国でSAKE 講座が始まり、SAKE を学んだ現地の人達が増える中、

 自治体が日本酒の輸出促進のためにこうした状況に対応出来るグローバルな人材育成に取り組んだのは秋田県が全国初です。 

NHKの取材も入り、注目度も高く嬉しい限りです。 

関係者の方々に感謝申し上げます。

WSET とは?https://www.caplan.jp/wine/first/wset/index.html…#

1 2 3 288