鹿児島県・WSET 講師とのオンライン交流会

2021年3月16日

鹿児島県・WSET 講師とのオンライン交流会が、令和3年(2021年)3月16日に開催されました。 

世界74ケ国に展開する世界最大のワインとスピリッツの教育機会WSET (Wine & Sprits Education Trust)のhttps://www.wsetglobal.com/

Sprits Level3 (専門家レベル)に焼酎と泡盛が盛り込まれた時点で、鹿児島県に、鹿児島県本格焼酎拡大小委員会が誕生し、県、酒造組合、各関連省庁の地方局がこの機を活かそうと定期的に会議を開いています。
私はWSET の日本の認定校を運営するキャプラン 株式会社の顧問をしている関係もあり、この委員会のアドバイザーを務めています。 

昨年度、政府の招聘事業で来日し、鹿児島県にも訪問したSprits Level2,3の英国で活躍する講師や、このSprits Level3 やSake 講座を開発したアントニー・モス氏、WSET 運営サイドでもあるリアム・スキャンドレッド氏らと、鹿児島県の濱田酒造、小正醸造、薩摩酒造、小牧醸造、国分酒造、大海酒造、八千代伝酒造の皆さんとのオンラインでの交流の機会でした。 

昨年の招聘後に、鹿児島県でも、英国を訪問し、相互交流も行っていたので、このコロナ禍でそれが途絶えてしまうのはあまりにも残念でもあり、県や酒造組合の皆さんに、このオンライン交流会をご提案しました。 

交流会では、参加蔵元の自己紹介、講師らの自己紹介、鹿児島大学の鮫島吉廣客員教授から鹿児島県本格焼酎の説明がありました。 

その後、丁度帰国中のWSET のSake Level3 開発にも尽力された菊谷なつきさんに協力いただき、事前に送られた各社の焼酎のコメントを各講師に発表してもらいました。 世界のSprits 業界を啓蒙する彼らのコメントは示唆に富み、大変素晴らしいものでした。 彼らからは、コメントに加えて鹿児島県を訪問した際の忘れられない経験も語られて、再会を願う大変有意義な時間となりました。

Categorised in: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください