第10回酒サムライ叙任式

2015年10月16日

酒サムライ叙任式2015 1

酒サムライ叙任式が第10回を迎えました。
無事に叙任式、記者会見、お祝いの宴会を出来て、何とも感慨深いです

酒サムライ叙任式2015 2

今年も素晴らしい7名の方々が酒サムライの称号を受けてくださり、

酒サムライ叙任式2015 3
全世界に日本酒の大使である、酒サムライは60名となりました。

酒サムライ叙任式2015 4

叙任式前の正式参拝、巫女さんの神楽の奉納などは、

酒サムライ叙任式2015 0
に海外で日本酒啓蒙や販売に尽力してくださっている方々
「日本酒は単なる嗜好品ではなく、日本の文化、風土、歴史を纏ったもの」と
感じていただけるように、叙任を機に、
益々、誇りをもってそれぞれの地域で日本酒大使としてご活躍いただくための
モチベーションに繋がっていけるようにと願ってのものです。

酒サムライ叙任式2015 5

 この会の主催が役員就任時が45歳以下の若手の蔵元の全国組織なので、

私がコーディネーターとしてこの事業に参画し、

事業を立ち上げた時の酒サムライ初代会長(宮城県塩釜市の浦霞の佐浦社長)の頃の

幹事蔵元さん方がこのスタイルをつくり上げ、二代目(新潟県新発田市の王紋の市島社長)を経て、

現在三代目(愛知県北設楽郡の蓬莱泉の関谷社長)と継承してきましたが、

関谷さんも今期で卒業予定です。

四代目の会長は、酒サムライ事業設立時にはこの会にまだ入っていなかった若い世代に引き継がれます。

10年前当時と比べると日本酒の環境は国内外に大きな変化がありました。

2012年には、國酒プロジェクトにより、日本酒振興が国策となり、

国税庁以外の多くの省庁に日本酒の担当者が誕生しました。農水省にとっては日本酒は米の加工品であり、経産省にとっては、まさにクールジャパンのコンテンツ、

そして観光庁には「酒蔵ツーリズム推進協議会」が立ち上がりました。

 第1回の酒サムライの一人マスターオブワインであるサム・ハロップ氏の尽力で

世界最大規模のワインコンペティション、IWC ( International Wine Challenge ) に

Sake部門が創設され、この若手の協議会が、そのSake部門のパートナーとなり支えながら、

ワインの世界的な発信地ロンドンから世界に向けて品質の良い日本酒を発信しています。

酒サムライ叙任式2015 6

今回、大功労者サム・ハロップ氏が叙任式に参加してくれた事もとても良かったです。

叙任式の前の正式参拝の時に今までの出来事が走馬灯のように思い返されましたが、

あらためて以下の酒サムライ設立当時の初心を忘れずに、との思いを強くしました。

http://www.sakesamurai.jp/project.html

Categorised in: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です