平成28年度第4回在外公館赴任前研修日本酒講座

2017年3月16日

JETROの招聘事業で佐賀県鹿島市の「鍋島」冨久千代酒造訪問後から、

福岡空港へ直行し、東京に戻って来ました。

今日は年に数回の外務省在外公館赴任前研修日本酒講座の日なのです。

外務省は海外の大使館や総領事館への赴任前研修に、

2011年1月24日から日本酒講座を開始。

その第一回目から、コーディネートをしています。

日本酒の主管の国税庁からと地方へのインバウンド拡大に取り組む観光庁から、

そして毎回交代で蔵元さんにも講師をお願いしています。
今回の蔵元講師には、神奈川県海老名市で米作りからの酒造りを実践する

いづみ橋酒造の橋場友一社長においでいただきました。

また、今回は会議でご帰国中の外務省唯一の酒サムライ、

カナダ大使の門司健次郎大使にもご参加いただき、

http://www.sakesamurai.jp/person08.html

ご本人から海外での日本酒啓蒙の経験談などお話いただきました。

日本酒の国際化に向けて外務省の皆さんには、大変お世話になっています。


Categorised in: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です