官民協働の魅力ある観光地創り強化事業

2013年7月22日

政府の「日本経済再生に向けた緊急経済対策」に盛り込まれた

「官民協働した魅力ある観光地の再建・強化事業」で、
観光庁の公募に応募した613件の中から78件のモニターツアーが採択され、

酒蔵ツーリズムツアーも4件選ばれましたが、

このモニターツアーを首都圏で効果的にご紹介するために

WSETワイン教室にご協力いただき、
酒蔵ツーリズムの蔵元自らが登壇する特別講座
「酒蔵ツーリズム日本酒セミナー」
を行う企画を進めています

首都圏のワイン愛好家層への日本酒の訴求を狙い、登壇する蔵元自慢の地酒を、

地元の食の詰め合わせ弁当とともに味わうというものです

講座でご紹介する酒蔵ツアーは、佐賀県「酒蔵ツーリズムに出会う旅」、
愛知県「知多半島の歴史と酒に酔いしれる旅」、
岐阜県「地元ガイド同行!高山じっくり散策と飛騨の地酒を飲み歩き」、
兵庫県「はりま酒文化ツーリズム 日本酒のふるさとを訪ねる旅」の4地域のものです

http://jaca.caplan.jp/wine/130830_ricewine.html

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。