外務省の在外公館長(大使、総領事)の赴任前研修の日本酒講座

2014年7月10日


2011年1月24日から設けられた外務省の在外公館長(大使、総領事)の赴任前研修の日本酒講座が行われました。
第一回からこの講座のコーディネートをさせていただ
いています。
在外公館では毎年IWCの上位受賞酒を中心
に作成したリストの日本酒が採用されています。
今年IW
Cでは、海外での人気の高いスパークリングの日本酒部門が新設されましたので、
今回の蔵元講師はスパークリング
サケで実績の高く、
また地元で酒蔵ツーリズムも推進され
ている「水芭蕉」銘柄で知られる永井酒造の永井社長にお願いしました。http://www.mizubasho.jp/internal/kura/item/pure/pure.html


他に講師は国税庁の技術専門官の先生、そして観光庁の酒蔵ツーリズム担当の方にもおいでいただき、
日本酒の魅力
、インバウンドも含めた地域活性までの可能性までをお話しいただきました。
講義後には大変活発な質疑があり、国を代表して発たれる皆さまが、
しっかり日本酒振興に活躍してくださると感じ
る事が出来ました。


この講座を支えてくださる外務省の在外公館課、研修所各部所、
各職員の方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。