伝説の民宿「さんなみ」を伝承する能登の宿「ふらっと」

2013年11月12日


もう10年以上前、フードジャーナリストの森枝卓士氏が
オースト
ラリアのカリスマシェフの和久田哲也氏を案内されたのにくっついて行った、
伝説の民宿「さんなみ」さんの施設を娘さんご夫婦が引
き継いで、
イタリアンと能登の素晴らしいコラボのお宿となってい
ました。


今回の能登訪問で再訪出来ましたが、素晴らしいランチをいただきました。
能登の海を眺めながらその土地が凝縮したそれぞれのお皿が
暖かく
強烈に能登にきた価値を伝えてくれました。
3年に一度しか搾らないという自家製「いしり」を使って作って
くださった酒粕入りのスープには感激!


初めて伺った時には新婚さんだったお2人が立派に地元を発信されていて感動でした。
昨年来、海外からのお客様は倍増だそうで、
外からの観光客の地元の受け入れ整備にも大変意欲的なお2人です
この宿に魅せられて再訪された海外からのライターさんとも有意
義な会話が出来ました。
http://flatt.jp/whats-flatt/

 

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください