令和2年(2020年)度 第2回在外公館赴任前研修日本酒講座🍶🍶🍶

2020年8月26日

外務省本省で、令和2年(2020年)度 第2回在外公館赴任前研修日本酒講座🍶🍶🍶が行われました。 平成23年(2011年)1月24日に自主講座という形でスタートしたこの講座は、昨年、令和元年(2019年)から座学部分が必修となりました。  今回も前回に引き続き、コロナ対策でオンラインでの講座となりました。  第1回からずっとお手伝いしてきましたが、歴代の担当者の方々に支えられて続けてこられた事に感謝の気持ちでいっぱいです。  

 新型コロナ感染拡大前は、毎回、試飲を含む自主講座部分を全国の蔵元さん方に交代で講師をお願いしてきましたが、今年度は、オンラインで必修部分のみでの講義となっています。  
 講座冒頭には、この講座を主催する在外公館課の外務省 大臣官房 の南慎二在外公館課長よりご挨拶と講座の意義についてお話いただきました。


座学部分は、私が日本酒の国際化の動きなどをお話しし、国税庁の松丸克己分析鑑定技術支援官より日本酒の専門的なお話し、中條一夫参事官より外交の現場における日本酒🍶🍶🍶の活用についてのお話しがありました。  



国税庁の松丸克己分析鑑定技術支援官より日本酒の専門的なお話し、


中條一夫参事官より外交の現場における日本酒🍶🍶🍶の活用についてのお話しがありました。  

中條さんは公使として韓国に赴任前日に講師を務めてくださいましたが、酒サムライになってくださった門司健次郎氏同様、外務省の日本酒応援団の筆頭と言える方です。2年ほど前、まだ自主講座の頃に、蔵元講師をしてくださったある蔵元さんが、当時、試飲にプラスティックカップを使っていたのを「残念」とおっしゃったのを聞いて、その次の講座には、「外務省日本酒講座」とロゴ入りの利き猪口を自費で外務省に寄付くださったのです✨✨✨  

歴代の在外公館課の皆様や、研修所の皆様に支えられて、日の丸🇯🇵を背負って海外に赴任する外交官は全員日本酒🍶🍶🍶を学んで発たれるようになりました。  ただただ感謝の気持ちです❤️

Categorised in: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください