令和元年度 鹿児島県本格焼酎輸出拡大プロジェクトWSET 本部等訪問事業Day2

2020年2月26日

鹿児島県の本格焼酎輸出拡大プロジェクトでロンドンに来てから2日目です。

世界74ケ国に展開する世界最大のワイン教育機関WSET ( Wine and Sprits Education Trust)が、
https://www.wsetglobal.com/
昨年夏に世界的なSpritsの講座の専門家レベル( Level 3)を英国と米国で開始、アジアの蒸留酒の中に焼酎と泡盛を入れたのを受けて、本格焼酎発祥の地、鹿児島県では、本格焼酎輸出拡大プロジェクト小委員会が発足。
 私は、WSET の日本の認定校を運営するキャプラン株式会社のアドバイザーである関係もあり、この小委員会のアドバイザーをしています。
 今回、乾眞一郎鹿児島県酒造組合副会長を筆頭に鹿児島県庁の悦田克己次長も同行し、 4蔵元がWSETのロンドン本校を表敬訪問、これに合わせて、このSpritsのプログラムを開発した Antony Moss MW が講師役を務め、今日、鹿児島県の焼酎セミナーを開催しました。席はあっという間に満席だったそうです✨✨✨
https://www.wsetglobal.com/wset-school-london/tastings-and-events/ay2019-20/shoc2001-shochu-japan-s-traditional-spirit/

 セミナーが夕方からなので、市場視察と簡単な市内観光をしました。


 バッキンガム宮殿の衛兵💂‍♀️の交代を見学して、アフタヌーンティースタイルのランチをいただきました。

その後、超高級ワイン🍷ショップ「Hednism」を視察。https://hedonism.co.uk/hedonism-wines

マネージャーのハラさんに超高級ワインがひしめく店内を丁寧にご案内いただきました。

日本酒はガラス張りの冷蔵庫で保存されています。


その後、評価の高い酒販店「Whisky Exchange 」の今年の1月にオープンした店舗を訪問しました。
https://www.thewhiskyexchange.com/shops/londonbridge

店内にジャパニーズウィスキーのコーナーがしっかりと設けられていました。

 WSET での鹿児島焼酎セミナーは、Antony Moss MWのパッション溢れる講義に、司会と蔵元方の通訳は菊谷なつきさんが務めてスムーズに進行、参加者から非常に積極的に質問があり、双方向の活気あるセミナーとなりました。

 セミナーの最後には、光栄にも締めのご挨拶をさせていただき、参加者とAntonyやなつきさんらWSET 関係者に感謝の気持ちを伝えました。

教室では、最後に参加者との記念撮影もして

 また、このセミナーには、先月政府の招聘事業で来日したスピリッツの専門家のメンバーも参加してくれました。

セミナー後には、招聘者に加えて酒サムライロンドン代表の吉武理恵さんも加わって人気レストランLucaでの懇親会も設けられました。
 夜中近くまで話しは弾み、彼らとあらためて親交を深められました。

Categorised in: , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。