「鹿島酒蔵ツーリズム」シンポジウムで基調講演

2014年3月2日


観光庁の官民協働の魅力ある観光地創り事業で採択された
「鹿島酒蔵ツーリズム」事業の締めくくりとなるシンポジウムが
佐賀県鹿島市の酒蔵通りの蔵跡会場で行われました


司会は中村雄一郎鹿島市観光協会会長です。
峰松鹿島酒蔵ツーリズム推進協議会会長、樋口鹿島市市長や、古賀県議会議員のご挨拶で開会。


JTBコミュニケーション九州の田中部長からモニターツアーの報告があり、
その後、基調講演として「SAKEか
ら観光立国」というテーマでお話しさせていただきました



それに引き続き、古賀佐賀県酒造組合会長、佐賀酒ものがたり著者の平尾茂氏、
旅館鶴荘の赤木一成専務、峰松鹿島
酒蔵ツーリズム推進協議会会長、
私でパネルディスカッシ
ョンが行われました。
閉会後には、鹿島市の6蔵の新酒の試飲会もあり
シンポジ
ウム参加者の皆さんと和やかに歓談も出来ました。


そしていよいよ今月末、3月29日(土)、30日(日)
6蔵同時蔵開きの鹿島酒蔵ツーリズムのお祭り開催です♪
http://sakagura-tourism.com/main/ 
それに向けてガイドブックも完成♪
光栄にも、表紙の帯に私のコメントを載せていただけました。


 

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。