「酒蔵アイデアソン」に審査員として参加

2016年2月4日

酒蔵アイデアソン1 (800x533)

東北経産局で行われた「酒蔵アイデアソン」に審査員として参加しました。

東北の地域資源である日本酒・酒蔵について、さまざまな人たちがアイデアを出し合い、

新しい製品・サービスやコンセプトを考えるイベント「酒蔵アイデアソン」が

仙台市青葉区の東北経済産業局で開かれました。

「東北・夢の桜街道推進協議会」と「あしたのコミュニティーラボ」の共催で、

テーマは来日外国人が、友人に自慢したくなる日本酒・酒蔵を生かした

東北でしかできない体験を創出することです。

アイデアソンとは、Idea(アイデア)とMarathon(マラソン)を合わせた造語で

年齢、所属、専門分野などの異なる参加者がアイデアを出し合います。

今回集まった44人は、観光関連やその他の企業をはじめ、自治体、公共団体、金融機関、

蔵元の関係者、クリエーター、富士通のエンジニアら、さまざまなバックボーンと

東北への思いを持った人たち。

開催目的は、東北の復興事業を推進している東北・夢の桜街道推進協議会が昨年から始めた

「東北酒蔵街道」の活動を加速すること。

酒蔵の情報発信によって、桜の季節だけでなく通年での交流人口の増加を目指します。
東北酒蔵街道でお世話になった方々にお会いできて、

とても楽しい時間となりました。様々な方々がかかわることで、

この事業の可能性をあらためて感じました。

このアイデアソンは富士通さんが運営する

「明日のコミュニティラボ」のスタッフの皆さんの熱意で開催されました。

いつも大変有難うございます
http://www.ashita-lab.jp/

Categorised in: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください