弟の荘司が台湾のTVで

2019年8月1日

台湾で「乾杯」グループ
http://investor.kanpai.com.tw/
を創業した末弟の荘司(私が一番上で荘司とは丁度12歳違いです)が、台湾での情熱大陸のような番組「看板人物」で紹介されました。
https://youtu.be/JPwIVAkLXFw

私は残念ながら中国語が話せないので、内容が良くわからないのですが、(弟に日本語字幕版を作ってと頼んでいます) 荘司が結婚してすぐに、弟の意向でお嫁さんのヴィッキーが日本の実家で、私達と一緒に約1年ほど住んだ事がありました。弟は彼女に日本語と日本の文化🇯🇵を学び、私達家族とも近しい関係になってもらいたかったようです。日本語がほとんど話せなかった彼女は非常に熱心に勉強して(元々は小学校の先生)、日本語検定一級を取得し、お酒🍶もほとんど飲めなかったのに、利き酒師の資格を取ったりと、努力してくれました。新婚だったせいか、「荘司が世界で一番ハンサム❤️」と当時よく言っていたのを私達はとても嬉しく聞いていました。
今は、一男二女のお母さんとして、そして妻として、荘司をしっかり支えてくれています。荘司は、とても忙しいので、家に居ない事も多いと思いますが、これからも仲良くやっていって欲しいです。

弟も店がまだ数店舗の頃に、帰国の際によく実家に泊まりに来ていましたが、沢山、経営の本を買い込んで、夜遅くまで読んでいたり、夜中にうなされていたりしたのを思い出します。住金物産と資本提携となった時に「これで社員達をもっと守れるんだ。」と言っていた荘司の姿を思い出しました。

「変化球の人生を送りたい。」と高校を卒業してすぐに、母の故郷の台湾で中国語の学校に通って、大学受験し、その大学在学中に起業して、日本式焼き肉店「乾杯」をオープンしたので、弟はサラリーマン経験がありません。母は、弟の大学合格の直前に他界したので、弟が母の故郷で商売を始め、台湾の女性と結婚したのも知りません。それだけが残念でなりません。
父も今年の初めに他界しましたが、父は、ヴィッキーと一緒に過ごす事が出来た事を、とても喜んでいました。

荘司は、これから、益々忙しく責任も増すでしょうが、身体だけは気をつけて欲しいです。
頑張れ〜👍👍👍

Categorised in: , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です