東北酒蔵街道プロジェクト 現地調査最終日(青森県の八戸酒造、八戸酒類、岩手県の南部美人)

2015年9月5日

東北酒蔵街道 青森4日目 20150905 1

復興支援事業で始まった東北・夢の桜街道の大成功から、桜の季節のみならず、

通年で東北をまわっていただこうと東北酒蔵街道の構築を目指して、現地調査が始まりました

日本酒スタイリストの手島麻紀子さんと私で手分けして東北6県の80ヶ所の蔵元さんを取材します。

私の担当は青森県、秋田県、山形県と福島県喜多方市ですが、

今日は3泊4日の青森県の蔵元さん訪問で、スケジュール最終日ですが、全体訪問ルートの関係で最後に岩手県二戸市の南部美人さんも訪問しました。

青森最終日の最初の蔵は「陸奥八仙」、全国にファンの多い八戸酒造さんに伺いました。

杜氏を務める駒井伸介常務が対応くださり、自慢のお酒を丁寧にご紹介くださいました。

お父様の社長には東北農政局の東北酒米テロワールプロジェクトで

地元米に対する熱いお気持ちを伺った事がありましたが、

今回は辛口でしっかりした味わいのスパークリングサケに

八仙の世界を広げようとする常務の溢れる意欲を感じました。

http://www.mutsu8000.com/

東北酒蔵街道 青森4日目 20150905 2

次に伺ったのは、八戸の繁華街近くにあって蔵見学、資料館、

そしてレストランも完備の「八鶴」http://www1.odn.ne.jp/hachituru/
「如空」http://www.jyokuu.com/
の八戸酒類さん https://www.facebook.com/hachisake?fref=nf に伺いました。

東北酒蔵街道 青森4日目 20150905 3
山本泰彦製造部長と加藤貴大杜氏が蔵を丁寧にご案内くださいました。

資料館に隣接して、青森の郷土料理を楽しめる「ほこるや」というレストランも完備され、

この建物は江戸時代に創業した酒造・酒販「河内屋」(現八戸酒類八鶴工場)

の旧本社という事で登録有形文化材。

この「ほこるや」でしかのめない蔵から直送の「秘蔵酒」も楽しめるそうです。

東北酒蔵街道 青森4日目 20150905 5
まさに、海外のワインツーリズムで成功しているワイナリーが作っているスタイルがあって、

交通の便も良い立地なので、この東北酒蔵街道プロジェクトで更に飛躍される可能性を感じました。

そして最後は、社長の久慈浩介さんとはもう10年以上前から

日本酒の海外プロモーション等でご一緒している 岩手県二戸市の「南部美人」さんです。http://www.nanbubijin.co.jp/

東北酒蔵街道 青森4日目 20150905 6
このプロジェクトのスケジュールの関係で事前に蔵元さん方のご都合を聞く事が出来なかったために、

南部美人さん訪問の本日は久慈社長不在の日程となってしまいましたが

田村誠製造部長が丁寧にご対応くださいました。

ひとしきり久慈社長の話で盛り上がり、田村さんからあらためて南部美人の魅力、

こちらの蔵の地域への貢献を知る事が出来ました。

あっという間の3泊4日でした。
今回の調査に同行してくださった東北経産局、JR東日本企画の方々の熱心なサポートが大変力になりました。
まだまだ、秋田、山形、福島県喜多方市と続きますので、どうぞよろしくお願い致します。

Categorised in: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。