兵庫の酒米にかかる意見交換会〜IWC記念酒「愛和酒」披露会〜

2017年3月6日

昨年、IWC2016のSAKE審査会をIWCにSAKE部門が出来て10年を記念して日本で開催する事になり

日本酒生産日本一の兵庫県が誘致してくれました。
https://www.facebook.com/iwc2016hyogo/


丁度、昨年が全国的に最も高級酒に使用されている兵庫県で誕生した酒米「山田錦」の

生誕80周年にもあたりました。

誘致にあたっては井戸兵庫県知事の素晴らしいリーダーシップと

国際大会誘致という未知の事業への県の方々の地道で且つダイナミックな熱意がありました。


また14ヶ国から来日した審査員へ山田錦の知識を深めてもらうために、

行っていただいた山田錦セミナーに伴って、審査員に、

山田錦の田植え体験をさせていただいたのですが、

この田植えをするに当たり通常より一ヶ月も早く、その田んぼには山田錦を植える事になりました。
【田植えの様子の記事】
http://www.sankeibiz.jp/business/news/160527/bsl1605270500002-n1.htm
田植え体験に感激したIWC関係者の要望で、この田んぼの稲刈りもIWC関係者と

有志の審査員が参加するために来日、

【稲刈りのアルバムは↓こちら】
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10154507638492770.1073742199.610092769&type=1&l=1cbe3137cd
そして、この田んぼのお酒がこの度、醸造されて、井戸知事が「愛和酒」と命名。


本日はその披露会も兼ねたお集まりでした。

この田んぼを提供してくださった、みのり農協の前理事長の上羅さんが

「お味はどうですか?」と語りかけてくださった時の笑顔には、

山田錦の生産者の誇りが溢れていました。

Categorised in: , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。