世界標準のワイン教育機関WSET(Wine&Sprits Education Trust)に日本酒コースが!

2013年9月30日

今や世界62ケ国、17言語で展開する世界標準のワイン教育機関WSETが
日本酒のコースを準備中です
このコースを政府の公募事業でサポートします

その打ち合わせでロンドンに行きました

丁度10年前の2003年11月21日に有志蔵元の皆さんと
WSETの教室で日本酒のレクチャーをしたのがきっかけで
本格的に日本酒の海外啓蒙に興味を持ったのですが、
その頃からの私の念願がWSETに日本酒のコースを作る事でした

10年前のその講座に協力してくださった蔵元さんが浦霞、満寿泉、天狗舞、
そしていづみ橋の4蔵で、この講座に参加してくれた受講者の一人が
マスターオブワインになったばかりで、
のちにIWCのCo-Chairmanとなるサム・ハロップ氏でした

日本酒が多くの海外の人に親しまれるようになるためにはその人材育成がなにより大切ですが、これは、ワイン教育の場にその環境を作るという事です

ワインビジネスに関わる多くの人が
きちんと体系的に日本酒を学ぶ事の出来る環境となります

まだまだ、これからですが、この10年の間にここにたどり着くのに、

どんなに多くの方が関わってくれたかしれません

大きな喜びと共に感謝の気持ちでいっぱいです

http://www.wsetglobal.com/qualifications/languages/216.asp

http://jaca.caplan.jp/wine/wineschool.html

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。