ワインの世界の3冠王「マルクス・デル・モネゴ氏」によるワインと日本酒の特別セミナー

2014年10月14日

モネゴ氏のセミナー2 モネゴ氏のセミナー1

酒サムライ叙任式に出席のため来日の世界的なワインの権威、マルクス・デル・モネゴ氏の

日本酒とドイツワインの比較特別セミナーを企画しました。

講師: マルクス・デル・モネゴMW MS
(同氏は世界でたった二人しか存在しないワイン業界の三冠王として知られます。
世界最優秀ソムリエ『田崎真也氏の次の大会のチャンピオン』であり、

ワイン業界最難関の資格、マスター・オブ・ワインであり、マスター・ソムリエの資格を保持、

この三冠王は他には英国在住フランス人であるジェラール・バッセ氏です。)

演目: “Sake and Wine – Parallels and Differences”
The way of tasting sake and wine for decent tasting notes

主として国際的に通用するテイスティング・コメントの共通点と相違点の説明。
彼の故郷となるドイツ・ワイン(VDP)、そして日本酒をテイスティングしながら講演を進めました。

講師補佐: IWC Sake chairman 大橋健一 山仁酒店社長 http://www.yamajin.com/

このセミナーに参加してくださったワインジャーナリストの山本昭彦さんが

早速彼のブログでこのセミナーを紹介してくださいました。

ワインジャーナリストから日本酒のセミナーの模様を発信すると

まさにワインの世界への訴求となりますね。山本さん、有難うございます。
http://winereport.blog.fc2.com/blog-entry-814.html

モネゴ氏のセミナー
セミナーには日本酒の蔵元、酒販店、日本酒造組合中央会、農水省、

JETROから熱心な皆様が参加されました。

セミナー後は、ごくモネゴご夫妻の希望もあり少人数で和食で会食。
「和食は大好き!」とご夫妻ともに大変喜んでくださいました。

モネゴ氏のセミナー後 懇親会

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。