IWC2016「SAKE部門審査会」兵庫県開催契約調印式

2016年2月19日

調印式IWC2016 8 調印式IWC2016 1

昨年の夏前から話し合いが続いていたIWC2016「SAKE部門」の創設10周年記念の日本開催を兵庫県が誘致するという話がまとまり、本日、兵庫県公館で調印式が行われました。

調印式IWC2016 7
井戸兵庫県知事はじめ、神戸市長、伊丹市長、西ノ宮市長、姫路副市長、兵庫県酒造組合連合会の小西会長、灘五郷酒造組合の嘉納理事長、兵庫県酒米振興会の上羅副会長、全国農業共同組合連合会兵庫県本部の鳥岡本部長と錚々たる方々が出席されました。

調印式IWC2016 3

IWC側はロンドンから総責任者のAndrew Reed氏と運営責任者Chris Ashton氏が来日しました。

調印式IWC2016 4
特にChrisは、この日本開催のために兵庫県と膨大なやりとりと同時に審査員や審査のための場所の確認からグラスの手配まで、通常通りのロンドン開催の中からSAKEの審査会だけ、すっぽり日本に移動してくるわけなので、それは大変な労力なわけです。でも彼は2011年にAndrew Reed氏が酒サムライに叙任された時に一緒に来日して叙任式に参加してから、(↓以下はその模様♪)
https://www.youtube.com/watch?v=isgtGSoNzxk
本当に日本が大好きになってくれたようで、信じられないほど、SAKE部門に配慮してくれるのです。

調印式IWC2016 5
また、今回の誘致にあたっては、兵庫県の井戸知事のリーダーシップと県の職員の方々の素晴らしく前向きで丁寧、且つ迅速な対応によって、この日を迎えられたと心から感謝しています。
ミス日本酒兵庫県代表の水谷珠里さんが華を添え、厳粛な中にも明るい、そして期待の高まる調印式でした。

調印式IWC2016 6
この大会が、日本酒の国際化に向けて、原材料である酒米(山田錦)の発信と同時に産地である兵庫県の素晴らしい発信に繋がることは間違いありません。こうした強い発信と世界中から集まる審査員たちとの交流が日本酒産業全体にとって大きな機会となるでしょう。

 

私はIWCアンバサダーとして、この大会のために汗をかいてくださった多くの方々に報いるためにも、この大会の大成功に向かって尽くしたいと思います。

Categorised in: , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。