時評2月号が発売になりました♪

2013年2月1日

時評(行政情報の総合誌)2月号 
http://www.jihyo.co.jp/index.html が発売になりました

 

今回は日本酒からの地域活性をご紹介しています

 
この最初の灯りを点したのは佐賀県酒造組合の青年部でした。「鍋島世界一!」のお祝いの会を佐賀市内で盛大に行ったのです。同業者の受賞を同業者がお祝いしたこのパーティの事は全国の蔵元の間でも大変評判になりましたが、
これは富久千代酒造の地元の皆さんの「地元でもさらに盛大なお祝いを」という流れになりました。そして古川佐賀県知事は佐賀市のお祝いの会にも鹿島市のお祝いにも駆けつけて、これは地域の絶好のチャンスと力強く激励されたのです。

その地元のお祝いの会で発表された地元の6蔵が中心となった「鹿島酒蔵ツーリズム」
http://www.facebook.com/SakaguraTourism?fref=ts

佐賀県、鹿島市、鹿島市観光協会が協力して盛り立てて、翌年の地域のお祭りには前年度比10倍以上の集客を果たしました。それが観光庁の資料中にも紹介されています。
佐賀県全体のお酒も前年度110%の伸びだそうです。
今年のお祭りは3月30日、31日だそうですが、それが今から楽しみです♪

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。