大橋健一氏による日本酒の海外戦略セミナー

2013年10月23日


海外に日本酒を広めてのに日本酒独自の販路を作っていくというのは
正直、現実的ではありません
日本酒がお酒であるだけに海外でも酒販免許のあるところしか、
まず日本酒を扱えないわけです
ですので既にワインやウィスキーなどを扱っている海外の人たちに
日本酒の魅力を伝えていかなければなりません
つまり日本酒だけの知識と視点ではなく、
既に世界に広がるワインビジネスやワインジャーナリズムに関わる人達の
視点を学んで、彼らに通じる観点を踏まえてから
海外に出ていくことが必要ではないでしょうか?


そのためにIWCのSAKE Chairmanを務める大橋健一氏に講師をお願いし、
弊社(コーポ・サチ)主催で海外進出に熱心な蔵元さん対象の
海外戦略セミナーを始めて今回でシリーズ最終回となりました
日本酒輸出に関わる関係省庁の方々
(内閣府、農水省、経産省、中小企業庁、JETRO)もオブザーブ参加され、
皆さん大変熱心に聞いてくださいました
http://www.yamajin.com/about/371/
ご好評を得ましたので、参加者の方々のご要望を伺って
今後、また再開するかどうか決めようと思います

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。