国税庁主催 「日本酒輸出戦略ビジネスサミット2019」

2019年9月24日

国税庁主催の日本酒輸出戦略ビジネスサミット2019が開催されました。

http://temp-share.biz/set.pdf

私は、この事業の企画とパネルディスカッションのモデレーターを務めさせていただきました。 海外の日本酒のキーマンによるビジネスサミットとの事で、酒サムライの方々にご協力いただきました。

http://www.sakesamurai.jp/person12.html

貴重講演は、マリナベイサンズのCEOのジョージさん、酒サムライのロンドン代表の吉武理恵さん、 パネルディスカッションには、お2人に加えてタイ🇹🇭の酒サムライの鈴木幸代さん、翌日に酒サムライに叙任予定の香港🇭🇰のコリーン・ムイさんとスペイン🇪🇸の山下ロウナさんです。

パネルディスカッションのテーマは、今月の9日に第1回が国税庁で行われた「日本酒のグローバルなブランド戦略に関する検討会」https://www.nta.go.jp/about/council/sake3/190909/shiryo/01.htm
を受けて、「日本酒を世界のブランドにしていくには?」 各国の日本酒🍶🍶🍶のキーマンから大変貴重な提言をいただきました。

貴重講演のジョージさんの講演では、IRを活用しての酒処ツアーも含めた地域活性化案も伺えて、世界的なトップビジネスマンの知見をうかがえる機会となりました。


その後の分科会では、3つの部屋に別れて、吉武理恵さんが英国🇬🇧、コリーン・ムイさんが香港🇭🇰、鈴木幸代さんが、タイ🇹🇭の市場についてお話しされました。 参加者の皆さまから大変多くのお褒めの言葉をいただき、とても励まされました。 登壇者の皆さまには、あらためて感謝の気持ちでいっぱいです。 また、会場のご協力をいただいた月桂冠の皆さま、本当に有難うございました。

Categorised in: , , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です