令和元年度 国外の日本酒専門家育成研修ツアー2日目

2020年1月14日

国税庁の国外の日本産酒類専門家育成招聘事業の2日目には日本酒発祥の地とも言われる奈良県にやってきました。


 午前中には、橿原神宮のお神酒を造る蔵「御代菊」醸造元の喜多酒造さんに伺い、杜氏も務める喜多整社長に丁寧に酒造りをご説明いただきました。

その後、日本最古の神社⛩で、全国に「杉玉」を届けている大神神社を参詣し、山田宮司がご案内くださいました。


 その後は、「みむろ杉」醸造元の今西酒造を訪問しました。


 そして夜はJETRO 奈良主催で、奈良県の蔵元5社、御代菊(喜多酒造)、油長酒造(風の森)、長龍酒造、春鹿(今西清兵衛商店)、梅の宿酒造が集まって招聘者との懇親会がありました。

米国🇺🇸のサンフランシスコ、テキサス、フロリダ、韓国🇰🇷、台湾🇹🇼、ベトナム🇻🇳、ドイツ🇩🇪、イギリス🇬🇧の6か国からの7名の招聘者は、その地域で活躍するスペシャリスト達で、WSET のSAKE 講座責任者のAntony Moss MWと菊谷なつきさんの尽力で選出された方々です。
https://www.wsetglobal.com/qualifications/wset-level-3-award-in-sake/

Categorised in: , , , , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください