世界に向けた強いメッセージ!JETRO主催「SAKEシンポジウム」

2014年3月4日


JETRO(日本貿易振興会)主催のSAKEシンポジウムが行われました。
後援には経済産業省、農林水産省、国税庁、日本酒造組合中央会とまさにオールジャパン体制です。
参加者募集を始めてからあっという間に満席(300名)となり、このシンポジウムへの関心の高さも感じました。
https://www.jetro.go.jp/events/item/20140117858/


日本酒の輸出はまだ全部の生産量の2%しか進んでいません。
また最大輸出国の米国内の日本酒のシェアも0.1%
ですが、
ここ数年の伸びは目を見張るものがあります。
の現実に向き合って海外の市場に日本酒を広げていくため
世界80ケ国で生産されるワインの超専門家(マスター
オブワイン)お二人を含む
海外で実績の高い方々をお招き
しています。
登壇者は、IWCのSAKE議長を務める大橋健一氏、


世界40ケ国に輸出している「梵」加藤吉平商店の加藤団秀社長、http://www.born.co.jp/

世界62ケ国に提携校をもつワイン教育機関の新規事業担当者アントニー・モス氏、http://www.wsetglobal.com/qualifications/languages/216.asp

香港在住のワインジャーナリストでキャスターでもあるデボラ・メイバーグ氏、
http://debramasterofwine.com/


米国全州に販路をもつ日本酒のディストリビューターであるモニカ・サミュエル氏。

私はこのシンポジウムのコーディネートとパネルディスカッションのモデレーターをさせていただきました。

JETROの皆様には素晴らしい機会をいただき感謝の気持ちで一杯です。

このシンポジウム自体が
日本の政府が日本酒の海外振興に
海外のワイン専門家の活用に踏み出したという強いメッセージとなりました。
シンポジウムは登壇者の素晴らしいプレゼンで大成功!
日の京都でのシンポジウムも既に満席ですが、出席される方はきっと満足されると確信しました。


 

Categorised in:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。