第3回 焼酎輸出拡大等プロジェクト小委員会

2018年12月15日

 

鹿児島県庁の会議室で、第3回焼酎輸出拡大等プロジェクト小委員会が開催され、出席しました。

74ケ国に展開する世界最大のワイン教育機関WSET が来年の夏にスピリッツのレベル3(専門家)をスタートさせますが、

その中に、焼酎と泡盛が入る事を受けて、それを最大限に活かす取り組みをすべく立ち上げられたのが、

この小委員会です。

WSETの日本の認定校を運営するキャプラン株式会社のアドバイザーをしている私は、

この小委員会のアドバイザーとしてお手伝いしています。

今日は、朝の便で鹿児島入りしました。前回は曇って見えなかった桜島が綺麗に見えて気持ちが明るくなりました。

会議の会場の県庁の一階には、鹿児島県の焼酎の瓶が500以上も並べられた迫力のディスプレイが出迎えてくれました。

会議の冒頭に、顧問で自民党の国会対策委員長も務める森山裕先生、

三反園訓鹿児島県知事から、熱いエールのようなご挨拶をいただきました。

また、12月6日に森山先生が会長となって焼酎の議員連盟が出来て、ニュースでも取り上げられて、

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.sankei.com/politics/amp/181206/plt1812060012-a.html%3Fusqp%3Dmq331AQGCAEoAVgB

こうした取り組みを応援いただける環境も出来ました。

 

会議では、10月に、鹿児島県酒造組合の濱田雄一郎会長

 

筆頭に8蔵元で渡英して参加したWSET のロンドン本校で行われた本格焼酎のセミナーの様子

や市場調査の様子や感想が、濱田雄一郎会長他、渡英した蔵元さん方、

鹿児島県庁から同行された悦田克己PR課長から報告があり、私も補足説明など致しました。

以下は渡英の様子をアルバムにしたものです。

渡英初日
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10156704325002770&type=1&l=4ee691bef6
渡英2日目
https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10156706628092770&type=1&l=05d8ad7a0f
渡英最終日

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.10156710276852770&type=1&l=1962ee00a5

報告の後には、スピリッツのプログラムを開発したAntony Moss 氏の招請についての話し合いが続きました

 

活気ある会議の後には、有志による懇親会で、渡英の話で盛り上がりました。


Categorised in: , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です